産廃業の許可申請と積み替えと保管について

産業廃棄物を回収してトラックで運搬を行う時、その産業廃棄物が一般的なものであれば産業廃棄物収集運搬業許可申請を行って資格を取得すれば事業を始めることができます。

しかし、その産業廃棄物が汚染されているものや有害な物質などの場合、特別管理産業廃棄物収集運搬業許可申請が必要です。産廃業許可申請を行う時には、自分の事業がどのような目的になるのか、それに合う許可を得ることが必要です。産廃業の中でも産業廃棄物収集運搬業には、積み替え・保管を含むケース、積み替え・保管を含まないケース、2種類があります。

積み替え・保管を含まないケースは、ルートを回りながら積み増すことはできますが、排出業者から受け取った産業廃棄物を中間処理施設や最終処分場まで、一度も下ろすことなく運ぶ許可です。これに対して、積み替え・保管を含むケースは途中で異なる排出業者から産業廃棄物を受け取り運ぶことができる許可などの違いがあります。産廃業許可申請を行う時のポイントとして、どのような事業を行うのかで申請の仕方も代わります。

仮に特定の業者1社との契約により産業廃棄物を回収して中間処理施設などへの輸送を行う事業の場合は、積み替え・保管を含まない許可でも良いわけです。しかし、不特定多数の業者から受け入れるような事業の場合は、効率を考えた場合には積み替え・保管することができる許可を得ておいた方が良いなど、それぞれの違いをしっかりと把握しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *