なぜ産廃業の許可申請を代行してもらうのか

産廃業の許可申請は専門家である行政書士に代行してもらうこともできます。

依頼しなければ報酬が不要なので安く許可を取れることになりますが、実際には代行してもらう方がメリットが多いです。最も大きなメリットは手間が省けることであり、一般的な会社であれば自力では行わない方が良いでしょう。まず、産廃業の許可申請は行うだけで承認されるものではなく、事業を行うための条件を満たしていなければなりません。

それを示すための書類を作成して提出しますが、簡単なものではないので調査する時間が必要です。複数の都道府県での事業を考えている場合は、作成ルールが統一されていないのでその調査も必要になり、複雑度が増します。一度の申請では書類が足りず、何度も役所まで行く場合もあるので非常に手間のかかる作業です。本業を行っている場合には並行するため思うように手続きを進めることができず、事業の開始が先延ばしになります。

産廃業の許可申請を行ってから許可証が出るまでに2か月は必要になるので、事業を行うことを決めたら早めに対応した方が良いです。自力で行って開始が遅れると、機会損失による利益減の影響が大きくなってしまう問題があります。専門家である行政書士の場合、事務所によって対応は異なりますが、1日で申請まで進むところもあるので時間の無駄がありません。素早く確実に許可を取れるので、報酬を差し引いても産廃業の許可申請を代行してもらう価値が十分にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *