産廃業の許可申請を自力でしない方が良い理由

産廃業を行うには許可申請をして承認される必要がありますが、自分で行うか専門家である行政書士に代行を依頼するという選択肢があります。

依頼しなければ報酬を払わなくて良いというメリットがありますが、一般的には自力では行わない方が良いとされています。それには時間がかかる、承認されても事業を開始できないことがある、取り消しになることがあるなどの問題があるからです。産廃業の許可申請をするには指定された書類を作成・揃えて提出することになりますが、内容が複雑です。素人でも調べて作成はできますが、その時間がかかります。

本業があればそちらに影響が出てしまうため、手の空いている社員がいる会社でなければ手続きを思うように進められません。許可を得る区分も問題になり、どのような事業を行うかで分かれています。正確に把握して適切なものに産廃業の許可申請を行わないと、承認されても区分が異なるので事業ができない、という状況に陥ります。

また、承認の効力は永続的なものではなく、規則に従って事業を行っていない場合には取り消される場合もあるので注意が必要です。5年ごとの更新制ですが、こちらで承認されないケースもあります。専門家に代行してもらった場合には本業へ影響することがなく、早い場合は依頼してから1日で申請まで行えます。相談や問い合わせなどのアフターフォローが十分な行政書士であれば、承認された後もどのように事業を行えば良いか確認できるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *