産廃業の許可申請の前に講習会があります

産廃業を行うには都道府県に許可申請をする必要があり、その前にある程度の知識を学ぶために、公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが主催する講習会を受ける必要があります。

講習会を受け、そのあとの試験に合格し修了証書をもらうことができ、その修了証書は許可申請の時の必要書類となっています。講習会は法人で産廃業の申請をする場合には取締役か事業所の代表者が、個人で申請する場合には申請者本人か事業所の代表者が受講する決まりとなっています。

講習会は全国で行っており、どこの地域で受講してもいい事なっていますが、産廃業には収集運搬業や処分業等があるので、自分の許可申請を行う正しい講習会を受ける必要があります。新規で講習会を受講して貰える修了証書には有効期限があり、5年となっており更新許可講習を受ける必要があります。その後は更新は2年毎になっていて2年ごとに更新許可申請を受講します。

許可申請は都道府県ごとに行われますが、今の稼働している産廃業の都道府県以外でも申請を行いたい場合には、処理業であれば処理業といった同一の場合であれば許可証の写しを提出することで新規の受講を再度、受け直さなくてすむようになります。講習会はWebや郵送で申し込むことができ、どの会場でも定員になると締め切ってしまい会場によってはすぐに定員に達してしまうので、更新の場合には有効期限の期日前に余裕をもって申し込むようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *