産廃業の許可申請ができる基本条件とは?

産業廃棄物は適切な回収から運搬、そして処理が必要と言われています。

放出する側においても産廃業者が円滑な作業を進めることができるように分別を行うことが重要です。最近の工場は、産業廃棄物の分別を徹底しているケースが多くなっており、工場の中で働く人々は決められたルールに従いゴミを専用の箱に入れるなど、放出する側のルールは徹底されているのではないでしょうか。一方、回収や運搬、そして処分を行う産廃業者も、適切な方法で処理ができることを証明するための許可申請手続きを行い、免許を取得した上で業務を行う義務付けが行われています。

産廃業の許可申請は免許を貰うための手続きであり、申請中は業務を行うことはできませんので注意が必要です。仮に、これから産廃業の事業を始めようとしている人は、許可申請を行って許可を得ることができた段階から事業を始めるようにしましょう。仮に、許可が下りていない申請手続き中の時に業務を行えば、それは無許可営業に値しますので注意が必要なのです。

許可申請は添付書類を用意する必要がありますが、その書類の中には産業廃棄物に関する知識を身に付けている証にもなる、講習会の修了証も含まれます。申請するためにはいくつかの必要要件があるのですが、その一つに講習会の修了証があるわけです。また、産廃業の許可申請は過去に懲役刑を犯した人などはできません。懲役刑の中には無許可営業や許可を得ているものの行政処分を受けた者も含まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *