複雑な産廃業の許可申請は代理を依頼しよう

新たに産廃業を始めたい場合には産業廃棄物運搬許可申請を行う必要がありますが、この許可申請は、申請書類のほかに様々な添付書類が必要であり、申請書類自体も非常に複雑で作成する際には法律等を一から勉強したり、行政の担当者に何度も質問や相談をしたりする必要があるため、多大な労力と時間がかかってしまいます。

そうした労力や時間を費やして、なんとか産廃業の許可申請書類が出来上がっても、それを窓口に持っていく必要があり、さらに不備があれば修正を指示されてしまうため、ならない人が行おうとするといつまで言って断っても事業が始められないという事にもなりかねません。そんな複雑な産廃業の許可申請は、行政書士などに代行を依頼することができます。

もちろん報酬は発生しますが、それでもなお代行を依頼するメリットは、豊富な経験と専門的な知識を持つ行政書士に申請種類やその他の添付書類を作成してもらうことで、確実かつスピーディーに許可申請が行えるということです。その分事業を早めに始めることができるため、会社の利益にも関わってくる部分です。また、数多くの品目がある産廃業では、正しい知識を持っていないと自分が行う事業の対象が何なのか分からず、許可がおりても実際に自分が参入しようとしていた事業とは違う品目の許可だったというケースも出てきます。

そうなると、利益を上げるどころではなく、まともに仕事もできないというような状態になってしまいます。そのような事態を避けるためにも、分からない中を自分でどうにかしようとするのではなく、素直に代理申請をした方がメリットが大きい場合がほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *