産廃業の許可申請の前に知っておくべきこと

産廃業を営むためには、自治体に必要な許可申請をして許可を受けなければなりません。

産廃業は大きく分けて収集業と運搬業がありますが、さらに細分化された業務があって許可申請が必要であり、満たさなければならない許可要件も異なります。そこで、まずは自分がやりたい産廃業の種類や必要な要件を確認したうえで、許可申請をする必要があります。中には書類を作成するだけで許可が下りる物もありますが、それだけではだめなものもあるのには注意が必要です。もし、許可申請の前に事業用の土地や機械を確保して、それで許可が下りないとなれば用意するのにかかった費用は無駄になってしまいます。

そうならないためには、事前に計画を立てて見通しを立てておく必要があるでしょう。知識がない場合は、これを調べるのに苦労します。また、調べようと頑張ってもなかなか情報が出てこないことも少なくありません。そういった時は、専門的知識を持った人に頼るのが安全ですしスムーズです。産廃業の許可申請に関しては、行政書士が適任で申請に必要な要件などのアドバイスをしてもらえる他、申請書類の作成等を依頼者の代わりに行ってくれます。

行政書士と言えどもそれぞれ得意とする物が異なるため、産廃業に関して相談したいならそれをメインとしている方を選びます。実績がある方は確実にこの分野に関する申請実務について熟知をしているため、円滑に申請をすることが可能となるので無駄がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *