産廃業の許可申請はどこに出せばいいのか

産廃とは産業廃棄物の略称であり、その中心になっているのは会社や工場などで使用されて発生した廃棄物であり、リサイクルによって再利用される物については仕分けを行って利用されますが、どうしても利用価値が発生しない場合には産業廃棄物になって処分されます。

日本には多数の会社と工場があり、産廃業を行っている業者が適正に処理することで対応ができているのが現状です。このように産廃業は現在の日本ではなくてはならない存在ですが、業務を行うには許可申請を行い、そこで承認をうけなければ業務は行えません。その許可申請をする機関は営業する地域を管轄する市町村ですが、営業地域が複数の市町村になっている場合には都道府県に、複数の都道府県にまたがっているのであれば国の専門機関に対して申請を行うことになります。

一般的に多いのは市町村であり、役所に出向いて産廃業の許可申請を受け付けてくれる部署が開設されているので、その部署に提出すると審査を行って問題がなければ承認されるでしょう。自治体に対して民間が業務を実施するために許可をもらうという事例は多くなっていて、少しのミスも許されないために早期に承認を受けたいのであれば、自治体という行政機関に対して専門的に書類作成を代行してくれる業者を利用するという方法もあります。

このような専門性を持った代行業者を活用すれば費用が別途必要になりますが、不備があって再提出を求められるよりは確実性が高く、それほど大きな負担になるほどの費用にはならない場合が多いので、話を聞いてから判断をしてみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *