産廃業の許可を取得するとできること

産業廃棄物収集運搬業許可を取得すると、その名の通り仕事として産業廃棄物の回収ができるようになります。

産廃業の中では比較的取得しやすいと言われており、収集と運搬ができるという仕事になります。自動車整備工場から出る大量の使用済みタイヤや木材加工工場の木くず、病院の作業用手袋やレントゲン廃液などを回収することができたり、民泊業者からの事業系の一般廃棄物も運ぶことができます。

処分をするためには、一般廃棄物処分業許可という別の種類の申請に通ることが必要になりますので、回収業をしたい人におすすめです。産廃業の中でも収集運搬業は、回収して歩くだけなので比較的簡単に行うことができ、上手に回収ルートを設定することがポイントになります。

また、条件付きではありますが、家電リサイクル法4品目の回収をすることもできるため、エアコンやテレビ、冷蔵庫と冷凍庫や洗濯機、衣類乾燥機については、小売業者の指定を受けることで回収と運搬をすることが可能です。産廃業として、産業廃棄物収集運搬業許可を取得していることで、家電販売店はもちろんですが、リサイクルショップやインターネット販売、通信販売業者と連携して家電4品目の取り扱いができるようになるので、不用品回収業者が事業を拡大したいときにメリットがあります。自社でリサイクル業を行っている場合には、ぜひ取得をおすすめする許可のひとつということができ、多くのリサイクル店や運搬業で活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *