産廃業を営むには許可が必要

廃棄物には一般家庭から排出される一般廃棄物と事業所から排出される産業廃棄物がありますが、事業所から排出される廃棄物がすべて産業廃棄物ではなく、燃え殻や汚泥など法令で決められた20種の廃棄物がそれに該当し、それ以外の者は一般廃棄物として処理されます。

一般廃棄物については自治体が回収して処分場で処理されますが、産業廃棄物については排出する事業所が責任をもって処理をしなければいけません。しかし事業所自ら処理をすることが困難な場合は産廃業者に委託をすることができます。

産業廃棄物は大量であったり人体や環境に有害なものも含まれていて、周囲の環境や人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、法規で定められている通り適切に処理をしなければいけません。そのため産廃業を営む場合には、「回収と運搬業」「処分業」の業に対する許可が必要です。また「業」だけでなくどの産業廃棄物を取り扱うかに対しての必要になります。

これらの許可を受けずに産廃業を営むと違法になり罰せられます。また「回収と運搬」業の許可だけを得ていて「処分」行を行った場合や該当しない種類の産業廃棄物を扱った場合にも違法となります。そのため産業廃棄物を排出する事業所がその処理を業者に委託する場合には、「回収と運搬」を委託するとき、「処分」を委託するときのそれぞれや、処理してもらいたい廃棄物の種類について許可を得ている産廃業者であるかどうかの確認が重要で、許可のない業者に委託をすればその事業所も違法となるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *