産廃業の許可を取得すると出来ること

産廃業の許可を取得すると当然ですが産業廃棄物の回収が出来るようになり、ビジネスとしても活用出来ます。

自動車整備工場から出る使用済みタイヤや、木材加工場から出る木くずに医療施設から排出される作業用手袋やレントゲン廃液などがあります。他にも大阪府だと民泊業者から出る事業系一般廃棄物も産業廃棄物収集運搬業許可を取得すれば回収が可能です。不用品回収業は産廃業の回収業になりますが、上手にルートを設定することで空のままで車を走らせることもなくなります。

空いたまま車が走るとその分コストだけがかかるため、それを防ぐためにも産廃業の許可を取得した方が良いです。他にも大きなメリットとして条件付きで家電リサイクル法の4品目が回収できることで、通常は一般家庭で使っていた家電は一般廃棄物になるので一般廃棄物収集運搬業が必要です。家電リサイクル法4品目のテレビにエアコン、冷蔵庫と冷凍庫、洗濯機と衣類乾燥機は法律上例外が認められていて産廃業の収集運搬業があれば回収が出来ます。

ただ、これには条件があり小売業者又は指定法人若しくは指定法人の委託を受けている必要があります。小売業者は家電販売店などの店頭販売や新品販売に限らず、インターネット販売や通信販売、リュース品販売をしているリサイクルショップに質店も当てはまります。例えばリサイクルショップなどと提携して家電リサイクル法4品目も回収できるようになり、不用品回収業者にはかなりのメリットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *