生活環境にとって重要な産廃業の許可申請

産廃業は収集・運搬と処分からなりますが、適切に管理しなければ身近な生活環境にも影響を与えることがあります。

すでに産業廃棄物の不法投棄などによって生活環境に多大な影響を受けた事例などもあり、近年ではより規制も厳しくなっているのが実情です。しかし逆にいえば諸法令を遵守して適切に管理ができれば、社会的な意義は大きいといえます。

そこで廃棄物処理法のなかでは産廃業の許可制度を設けることによって、生活環境に影響を及ぼさないような適正な基準が満たされるようにしています。実際の産廃業の許可申請は、都道府県または政令指定都市の生活環境部などのセクションに対して申請書を提出することによって行いますが、一般的にはこれらのセクションとは事前協議を行って、許可申請に不備がないかどうかをチェックしてもらってから正式な提出となります。

許可申請には申請書そのもののに加えて、さまざまな添付書類もあわせて提出することが不可欠です。これには特定の研修を受けたことを示す修了証や、産廃業を営む会社の決算書類、反社会的勢力に該当しないことを自認する書類、処理場の図面や写真などといったものが該当します。

都道府県や政令指定都市ではこれらをひとつずつチェックして基準を満たしていることが明らかになった上で決裁をして許可を与えることになっていますので、許可申請を提出してから許可が下りるまでには数か月程度はかかってしまうのが普通といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *