産廃業の許可申請と種類

他人の委託によって産業廃棄物の運搬や処分をする産廃業は、廃棄物処理法の規定により許可制がとられています。

この産廃業の許可申請は管轄する都道府県知事などに対して行わなければならず、たとえば排出される場所と実際に処分のために運搬する場所とが離れている場合には、両方の都道府県の窓口に対して許可申請書を提出することになります。そのほかにも取り扱う産業廃棄物の種類や内容によっても取得するべき許可が異なることがあります。産業廃棄物には一般的なもののほか、生活環境や人の健康に対して重大な影響を及ぼすような特別管理産業廃棄物とよばれるカテゴリーがあります。

どちらを取り扱うのかによって許可の種類が異なりますので、当然ですが産廃業の許可申請もこれらの種類にあわせてしなければなりません。また両者それぞれに収集・運搬と処分という分類がありますので、いずれか適当なほうを選んで許可申請をすることになっています。このようにひとくちに産廃業の許可申請とはいっても、場合によっては同時に複数の申請書を提出しなければならないことがありますので注意が必要です。

もしも書き方がわからない場合には行政書士のような国家資格の有資格者に依頼をして、書類一式の作成を代行してもらうことも選択肢に含まれます。この場合にはやはり過去に同様の書類の作成をした実績や廃棄物処理法についての十分な知識があることを確認してからのほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *