産廃業の許可申請と運搬車両

委託によって業務として事業所などから排出された産業廃棄物の収集運搬を行う場合には、都道府県知事の廃棄物対策課などに対して産廃業の許可申請をしておかなければなりません。

この場合の産廃業の許可申請ですが、収集運搬と処分に種類が分かれていますので、適切なほうで申請をします。収集運搬の場合には当然ですが運搬車両が確保されていることが必須ですので、産廃業の許可申請書そのものに加えて、車検証の写しや車両の写真などを添付書類として提出することも必要です。こうした運搬車両は事業を行うにあたって安定継続して使用できなければなりませんので、都道府県における審査の過程では、たとえば車検証の所有者欄に申請者の名前が記載されているか、あるいは使用者のほうが申請者と一致しているなど、書類上でも明確になっていることがポイントです。

もっとも都道府県によってはかならずしも使用者や所有者が申請者と一致していない、いわゆるレンタルの車両であっても認められるとしていることがあります。この場合であっても一定の期間以上の賃貸借契約が締結されていることを契約書その他の書類から証明できることが重要です。また産廃業に使う運搬車両のなかでも廃液などを取り扱うのであればタンクなど流出を防ぐための設備がしっかりと整備されていること、汚泥の取り扱いであれば土砂積載禁止のような車両を使用していないことなどといった、細かな部分までチェックされることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *