産廃の許可申請は代行でスムーズに

事業の果てに出る産業廃棄物いわゆる産廃は、家庭ゴミのように簡単に捨てることはできず、かと言って正しくない処理方法を選択してしまうと法に抵触する結果を招きます。

そこで必要となるのが産廃の許可申請です。主に都道府県知事レベルの自治体に許可を得ることで、それらはただしく廃棄することができるようになります。しかし事業を行なっている会社が全て自ら産廃を処理しているわけではなく、産廃の処理を主な業務としている会社も数多く存在します。そして許可申請は主にこちらの会社と深く関わりがあります。

産廃処理のための許可申請と一口に言っても、その種類や最終的な形などの違いによって取るべき許可の数も異なります。また処分場の位置関係などで都道府県の境界を越えて処理しなければならない場合は、その通り道となる自治体全てに許可申請をしなければなりません。手続きは非常に複雑となっているため、書類作成の専門家でもなければスムーズに済ませることは難しいです。

そこで活用されるのが、許可申請の代行業です。主に行政書士と呼ばれる人たちが行なうもので、代行依頼をすると手続き上の煩雑さから解消されるため、業務に集中できるようになります。手続きの内容は慣れていない人にとってはまるで違う言語のように見えるほど厄介なものです。意図を汲んでくれる専門家に代行を依頼すれば、通訳のような立ち位置で理解できるように説明をしてくれる上に、複雑な手続きを行なってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *