産廃許可申請代行のメリット、デメリットについて

産廃の収集運搬及び処分については都道府県知事等の許可を受けた者でなければ行うことは出来ませんが、その許可を得るためには、関連法令の熟知と多くの書類作成が必要など結構手間がかかります。

自分で申請書類を作成することは不可能ではありませんが、初めての人が作成しようとしても多くの不自由を伴のが実態なので、行政書士等許認可手続きの専門家に代行を依頼するのがおすすめです。産廃の運搬収集の許可申請は排出物を運び出す場所と、その排出物の処分場がある場所が異なる場合は、許可申請書類はそれぞれの場所を所管する都道府県知事等の許可を得なければなりません。ところが必要書類の作成は、それぞれの都道府県などによって独自のルール等あり、それらのルールを把握することからはじまります。

作成した書類に不備があると受理してもらえないので、何度か足を運ぶこともあります。また、産廃の種類も普通の産業廃棄物と有害な物等特別管理産業廃棄物があり、さらにその中で細かく区分されていて、扱おうとする産廃毎に許可申請が必要になります。許可申請を受けるには産廃関係の法令の知識が欠かせませんが、この場合でもどのく分に該当するのか正しく判断しなければ許可は取ったけれど、実際の現場で生かされないということにもなってしまいます。

目的の品目の許可を得るには変更許可を取る方法もありますが、新規申請と変わらないくらいの時間と手間がかかることになります。このように見てくると、自分でやれば代行の依頼先への報酬分が節約できるなどのメリットがありますが、総合的にはデメリットも無視できない事の方が多く、多くの時間を許可申請にかけているより、専門家に代行をお願いして許可を取得し業績を上げることに力を注ぐのがはるかに合理的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *