産廃許可申請の代行業者とは?

産業廃棄物のことを略して産廃と呼びますが、産業廃棄物を収集運搬する会社、産業廃棄物を処分する会社はそれぞれ異なる許可申請が必要です。

会社の中で産業廃棄物を収集運搬し、施設内にある処分場で産業廃棄物の最終処分を行う場合には2つの産廃許可申請が必要になって来ます。処分場は1か所の場合でも、収集運搬を行うエリアが処分場とは異なる都道府県の場合、それぞれの都道府県知事に対し、産廃許可申請が必要です。許可を得るまでには時間を要しますし、提出した書類に不備がある時には再び書類を準備して申請手続きからのスタートになります。

申請書類の作成や手続きの仕方など、普通の許可を得る時とは異なりハードルが高いなどからも代行業者を利用される企業も少なくありません。自ら行うとなれば色々なことを勉強しなければなりませんし、情報収集も必要になって来ます。勉強をすることや情報収集を行うことは決して無駄なことではありませんが、設立登記後にすぐ業務を開始したい時などは代行業者を使えば、必要な作業はすべて代わりに行って貰えるメリットを持ちます。

代行業者は申請書類の作成や必要書類の準備サポートを行う会社で、業者から言われた書類を用意して、それを渡せば自分の代わりにすべての作業の代理人をつとめて貰えます。産廃業許可申請の代行を行う会社は、行政書士の資格を持つ人の会社でもあり、行政書士は依頼人からの書類の作成や申請業務の代理人になることが出来る資格です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *