産廃の許可申請の代行について

産廃を扱うためには許可申請が必要になります。

例えば産業廃棄物収集運搬業、処分業許可などがあります。産廃を扱うためには許可申請をして、それが認められなければ違法となります。その手続きを代行してもらう場合は、行政書士を活用します。行政書士は許認可に関する書類作成や手続き代行をすることが認められている存在で、まさにこの分野は行政書士が得意とする分野でもあります。しかし、行政書士に産廃許可申請代行をしてもらうとしても、どの行政書士でも良いかというとそうではありません。

その理由は、この職業は行政書士試験に合格すれば名乗ることができますが、その試験では産廃に関する知識は全く問われることはありません。したがって、資格を持っていればこの分野を問題なく扱えるとは限らないのです。おすすめの行政書士は、この分野を専門に扱っている人です。専門にしているだけあって、これまでの経験を活かして許可申請の代行をしてもらうことができます。

行政書士になった後で覚えることとなる分野ですが、専門としている人は経験を積んでそれに関する知識やノウハウは十分に蓄積されていますから、スピーディーに安心して任せることが可能です。行政書士がどの分野を得意としているかは、ホームページを見ればわかります。依頼者を集めるために近年行政書士もホームページを使っていますが、そこで依頼を受け付けている業務についてや実績について宣伝しているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *