産廃の許可申請では行政書士が頼りになる

産廃を取り扱うためには行政に対して許可申請を行う必要があります。

許可申請は扱う産廃の種類や業務内容によってことなるので注意が必要です。例えば代表的な物に産業廃棄物処分業の許可申請があります。これは、産業廃棄物の中間処分を行うのに必要になります。許可は誰にでも与えられるわけではありません。要件を満たす必要があります。そのためには事業計画をしっかりと立てたうえで行政に事前に相談をし、許可が通るように関係各所と調整をする必要があります。

産廃処理に関しては周辺住民との交渉もしなければならない場合もあり、簡単には許可をもらうことができません。産廃許可申請を成功させるためには、このような手順をしっかりと行って、要件を満たすようにしないとだめですが、行政書士の力を借りるとうまくいきやすくなります。行政書士の中でも、この分野を専門としている場合は、手続をノウハウを基にしてしっかりとやってもらうことができるので、活用すると良いでしょう。

行政書士にもいろんな方がいますが、選ぶならその強みを活かしてもらえる専門の行政書士を選んだほうが良いです。やはりどの分野でも、慣れている方が円滑に作業ができるのでスピーディーです。特にこの分野では、産廃に関する法律や申請の手順、見込みの算定など様々な知識を必要とするので、専門外の人がやるよりも専門としている人を選んだほうが円滑に進みます。許可が通った後のサポートも受けられるのでおすすめです。
産廃の許可申請のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *