産廃を運搬・処分するには許可をとることが必要です

産業廃棄物の排出を抑え、発生した廃棄物はリサイクルなどの適正な処理がなされるように生活環境が安全に守られることを目的にした産業廃棄物処理法が制定されました。

産業廃棄物を排出したい事業者は、自らの責任で処理しなければならないことを定めています。もし排出作業を委託する場合には、産廃処理の許可を得ている業者に委託しなければなりません。なぜなら産廃の処分には守らなければならないルールがあるからです。このルールのことを委託基準といい、排出事業者は委託先の産廃業者とお互いの役割と責任を明確にした委託契約の締結や、契約のとおり産業廃棄物が適切に運搬・処分されたかの行程をマニュフェストを制定して確認することなどが法によってきめられています。

産廃業者が許可制度を取り入れているのは、その事業の用に供する施設や申請者の能力が、その事業を的確かつ継続して行えるものとして、環境省令に定めた許可基準を満たしているかを許可手続きで確保することです。環境に関する基準では、収集運搬に関しては飛散・流失及び汚臭の発生しないような処置がなされていないなど必要な処置がとられていることを確認することになっています。

産廃に関する各種のトラブル発生が起こらないような業者選定がなされるように配慮されています。一般廃棄物と違って産業廃棄物の運搬や処分には透明性の確保が必要になるからです。排出事業者の責任とそれを請負う業者に適切な処分を求めているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *