産廃業の許可申請を効率よくするには

産廃業を始めるためには、いくつかの条件をクリアしなければなりませんが、まずはじめに行うことは講習会への参加です。

この講習会というのは産業廃棄物などの知識を得るために参加する必要があり、終了後には修了証を受け取ることができます。これを得なければ産廃業への許可申請はおこなうことができませんし、この修了証は有効期間は5年ほどになります。これ以外の条件としてはやはり経営的に安定していないといけませんので経理的基礎や事業計画など提出が必要となります。

さらに欠格要件に該当していないことも求められますし、産業廃棄物を収集運搬できる施設や車両なども確保しておかなければ産廃業の許可は下りません。また産廃業の許可においてはその業務をおこなう都道府県すべてで申請し許可を得る必要があります。ひとつに都道府県だけで業務をおこなうのであればそこだけの許可で大丈夫ですが、複数の都道府県で仕事をするのであればそれぞれで申請します。

このように産廃業を始めるにあたってはその申請だけでも非常に手間も時間もかかりますので、今は行政書士などに代行してもらうことが一般的になりつつあります。行政書士の中には産業廃棄物業に特化しているところも多いですので、非常に迅速に手続きを進めてくれます。新規に事業を始める場合でもまた事業を拡張するときでも、何よりスタートさせることが重要ですし、その申請段階で時間を取られてしまうのは大きなロスになりますので、すみやかに始めるためにも代行業者に依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *