産廃業の許可申請代行を利用するメリットとは?

産業廃棄物の回収および運搬や処分業を経営する場合は、産廃業の許可申請を行うことが義務付けられています。

必要書類を集める、許可申請書類を作成するなどだけでなく、産廃業の必要要件を満たすことが条件になります。最近は代行を利用して許可申請や更新手続きを行うケースが多くなっていますが、代行は産廃業に必要な要件、書類の作成などに精通している行政書士が担当します。書類の作成や手続きはある程度の知識があればそれほどハードルは高くはありませんが、その時間を費やすことを考えた場合は代行を利用した方が良いと考えるケースが多いと言えましょう。

一般的に、一度取得されている場合には、更新毎に許可申請の更新手続きを行う形になりますが、最初に代行を利用して取得しておけば、その都度行政書士を探して依頼する手間を省くこともできます。また、産廃業許可の必要要件についても把握しているので、自社がその要件を満たしているのか否かの判断が可能になり、満たしていない場合にはどのように行えば良いのか、アドバイスを貰うことも可能です。

ちなみに、産廃業の許可付与においての必要要件には、施設に係わる基準や申請者の能力に係わる基準(講習会課程を受講し、修了証の受領)などが設けてあります。さらに、欠格要件に該当しないことが基本になりますので、これらの諸条件を満たしているのか否かを知るためにも、代行業者を利用したいと考えるケースが多いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *