産廃の許可申請について

産廃(産業廃棄物)の収集や運搬を業として行おうとする場合は、産業廃棄物収集運搬業の許可申請をする必要があります。

許可を取っていないと法令違反として罰せられます。産業廃棄物収集運搬業は分かりやすく言うと、産廃の運送業者になります。産廃は積み込む場所と廃棄場所それぞれの自治体の許可が必要となり、例えば東京都で積み込みをし、神奈川県で下す場合、東京都と神奈川県の両方の許可を取得することが必要です。産廃物の収集運搬業を業を行う場合、その区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません。

許可申請をするためには、以下の5つの要件があります。・欠格要件に該当していないことが必要成年被後見人または被保佐人または破産者で免責を受けていない人、禁錮刑を受け、5年を経過していない、暴力団の構成員、廃棄物処理法等に違反し、罰金以上の刑罰を受け5年を経過しない人。・産業廃棄物収集運搬業許可申請の講習会を受講法人で申請する場合は、取締役又は事業所の代表者、個人で申請する場合は事業所の代表者になります。

・経理的な要件として利益が計上できること、債務超過ではないことが必要です。・排出事業者、取り扱う廃棄物の種類や運搬量や予定運搬先、従業員など事業計画の概要を記載した事業計画を提出します。・適切な運搬施設として、産業廃棄物が飛散したり流出、悪臭が漏れたりしない運搬車や運搬容器を保有していなければなりません。以上5つの要件を満たせば許可を取得することができます。手続きが難しく許可申請の代行を依頼したい場合は行政書士に依頼することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *