産廃業には許可申請が必要です

今の社会に欠かせない職業のひとつに産廃業者があります。

建築現場ではがれきや木くずなど、工場や倉庫では重機や機械類、オフィスでもオフィス用品や紙くずなどが大量に産廃ゴミとして廃棄されています。産廃業者の存在無くして、さまざまな職業は成り立たないのです。産廃業を行うには許可がなければできません。

産廃業には収集運搬業と処分業があり、それぞれに許可申請が必要となります。さすでに業としている場合には5年毎の更新許可申請や範囲などの変更があった場合の変更許可申請、これから初めて行う場合には新規許可申請をしなければなりません。これまでに何度となく不法投棄の業者が事件として取り上げられていますが、このような少数の業者によって信頼を失ってしまうことは不本意です。

業として行う限り、必要な許可をとるとともに安心して任せられる信頼性を持っていなければならないのです。収集や処分するゴミがなくなることはなく、社会に必要不可欠な職種であるため、依頼するほうは安心できる業者へ頼みたいと考えています。産業廃棄物処理業者の許可申請をする場合には、法に従い適性や条件また欠格要件などを確認したうえで申請しなければならず、都道府県知事又は政令市長から許可を受けることが必要です。

廃棄物の種類や処理方法、特別な取り扱いが定められたものや届け出・申請・報告が必要なことなどの説明を受けたうえで開始することができます。不明な点は各自治体の環境窓口などで受付けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *