産廃の許可申請の流れ

産廃は許可申請を得なければなりません。

場所は市区町村に存在する役所です。何故許可申請をしなければならないのでしょうか。それは勝手に捨てると不法投棄となるからです。産廃は大災害と合わさることで不純物が止めどなく道路に流れ出します。環境破壊に繋がるので産廃を不法投棄した業者は営業停止に追い込まれます。住民は瞬時に異変を察知しますのでいくら隠してもすぐにばれます。

許可申請のやり方ですが、独力で行う場合はいろいろ勉強しなければなりません。そのうちに産廃が会社の倉庫を満タンにしてしまうので、まともに捨てられません。ここはプロの業者に依頼しましょう。役所に提出する書類やどこに提出したら良いのか長年の経験からすぐに判断できます。面倒な手続きは業者に任せることで産廃の保管場所などの考察に専念できるのが大きいです。

あとは業者とこまめに相談しましょう。内容は申請書類の確認とそれに対する役所の回答がいつまでにもらえるのかということです。これによりタイムスケジュールを組みやすくなります。思った以上に許可申請が下りる時間はかかります。これは役所の内部で多くの課が関係するためによります。

少しだけ関係しているかに確認する必要があり最終的にすべての人の許可を得なければならないので早め早めに行動することが大切です。次に何をしたら良いのか業者は分かっていますが、依頼主としてはいつまでに撤去したいのか明確にすることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *