産廃業者の中には無許可もあります

産廃とは産業廃棄物のことを意味します。

産業廃棄物は会社から出る不用品で、会社は家庭が出す粗大ゴミ回収では回収および処分が出来ません。

仮に、会社の中で使っている家具や電化製品が家庭内で使うものと同じ場合でも、会社が出すゴミはすべてが産業廃棄物ですから、産廃業者と呼ぶ専門の会社に依頼する必要があるわけです。産業廃棄物回収運搬業許可と呼ぶものが必要ですが、業者の中には無許可で営業を行っているケースもゼロではありません。

最近は山奥に産業廃棄物を不法投棄する悪質な業者も存在している、こうした業者だと知らずに不要なものを持って行って貰った所、山奥に自社が出したゴミが捨てられていることが発覚することもあります。この場合、不法投棄を行った業者が処分を受けることは当然なのですが、不法投棄はゴミの回収を依頼した側にも非があると言われています。仮に、不法投棄が発覚し、自社が排出したものであることが判明した際には、会社としての責任を負うことになります。

許可を得ているのか否かは、ゴミを出す側の一つの義務でもあり、不法投棄などのリスクがない産廃業者を利用するようにしましょう。尚、許可を得て営業を行う業者の場合、リサイクルに貢献することにも繋がります。産業廃棄物の回収の中にはマニフェストが作成される、マニフェストは回収現場から処分場まで、中間処理場から最終処分場に輸送される過程などを記してある書類で、マニフェストをしっかりと作成する優良業者を選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *