産廃収集運搬業の許可について

産業廃棄物(産廃)の収集運搬の許可を得るためには、申請前に受講会を受講し修了証書を入手しなくてはなりません。

申請者には産廃の収集運搬業を的確に行うための能力や知識が必要となります。講習会を修了することで能力や知識があると認めてもらうことが出来ます。講習会を終えると簡単な試験があり、その試験に合格すると修了証書がもらえます。法人で申請する場合は事業所の代表か取締役が受講し、個人で申請する場合は申請者本人か事業所の代表が受講します。

この修了証書には期限があり、新規許可講習が5年、更新許可講習が2年となっていますので注意が必要です。産廃収集運搬業を継続的に行っていくための経理的な基礎も必要とされます。産廃処理を行う者が適切に処理をし、廃業などをしないように資金繰りの審査も行われます。

判断基準は自治体によって違いますが、具体的には「債務超過になっていない」「法人税・所得税などをきちんと納税している」「利益が計上出来ている」かどうかが判断基準となります。これらの他に「事業計画を整えていること」「きちんとした運搬施設(トラックや駐車場など)を持っていること」「欠格事項に該当しないこと」の要件を満たしている必要もあります。

また、許可の申請は予約制になっているため、電話で予約をしてから申請書類を持参しなくてはなりません。予約の状況によって希望の日時にならないこともありますので、早めに予約しておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *